クレジットカード会社様

会員購買履歴を活用した提携店支援

会員購買履歴を地域特性で分析するエリアマーケティング

カード会員の居住地や購買履歴を、既存顧客の利用機会向上や、新規会員の獲得に活用しようとする試みが行なわれています。決済手段が多様化し、競争環境が激変する中、カード会社の強みを活かしたデータマーケティングの取り組み求められてきています。

提供機能

  • 人口に対する会員率の高低を、地図上に町丁目レベルで濃淡表示
  • 人口一人当りの購入金額の高低を、地図上に町丁目レベルで濃淡表示
  • 会員一人当りの購入金額の高低を、地図上に町丁目レベルで濃淡表示

サービス内容

会員購買履歴×地域特性分析

「会員購買履歴を活用した提携店支援」図1

提携店ごとの「購入金額」「居住地」等の会員情報と「人口統計」を掛け合わせ、「エリアごとの会員率」「一人当たりの購入金額」を、地図上に色の濃淡で表現

例1)人口に対する会員率のエリア特性
赤=会員率の高いエリア
青=会員率の低いエリア

「会員購買履歴を活用した提携店支援」図2

例2)一人当たりの購入金額のエリア特性
赤=購入金額の高いエリア
青=購入金額の低いエリア

  • 提携店・加盟店・自社への営業支援に活用

支援例1:人口比に対し、会員率が低いエリア
   ⇒新規会員獲得のポテンシャルが有る為、新規入会キャンペーンをご提案
支援例2:購入金額が、周辺に比べて低いエリア
   ⇒エリア内の会員に限定した、特典お知らせDMの送付をご提案

ユースケース

「会員購買履歴を活用した提携店支援」ユースケース図

用意いただくデータ

    会員に関する情報
  • 居住地
  • 購入金額(月単位)
    提携店に関する情報
  • 提携店名
  • 提携店住所
  • ※別途フォーマットご提示致します。

マピオン提供データ

    人口統計(国勢調査)
  • 5歳刻みの年齢・男女別人口(町丁目単位)

参考価格

初期導入費用(※)
¥1,500,000〜

データ更新費用
¥100,000円~/回

※分析する店舗数や会員のデータ件数、
データの更新回数により異なりますので、
ヒアリングベースにて別途お見積り致します

お問い合わせ

価格やご活用方法などのご相談は
お気軽にご連絡ください。