メーカーコールセンター様

VOCデータ×位置情報×出荷情報

商品需要エリアを地図上に可視化し機会ロスを削減

音声録音装置の導入率の上昇や、音声認識技術の進歩により、VOCの活用方法は広がりを見せています。コールセンターで対応している業務の中で、商品の販売場所に関する問い合わせの割合は高く、そのデータの活用は、メーカーがキャッチアップしづらい商品供給不足エリアを見つけるための有効手段として注目が高まってきています。

提供機能

  • 商品問い合わせ情報を件数に応じ地図上に濃淡表示
  • 出荷先の情報を、出荷量に応じ地図上に異なるアイコンで表示

サービス内容

「VOCデータ×位置情報×出荷情報」図1

需要が高いエリアを抽出

商品に対する問い合わせの件数を都道府県、市区町村ごとに色の濃淡で表現。
件数が多いエリア=需要の高いと見込まれるエリアを明確にする事ができます。

「VOCデータ×位置情報×出荷情報」図2

商品供給状況を分析

出荷先を地図にプロットし、出荷量に応じてアイコンの色を変更。
需要が見込まれるエリアに商品が供給できているか確認する事ができます。

  • 「需要が見込まれるが供給不足」のエリアが見つかる
  •  商品販売機会ロスの削減につながる

ユースケース

「VOCデータ×位置情報×出荷情報」ユースケース図

用意いただくデータ

    商品問い合わせ情報
  • 問い合わせ日時
  • 声から類推される消費者の性別・年代
  • 問い合わせ商品
  • 問い合わせ内容
    商品の出荷実績
  • 出荷先住所
  • 商品ごとの出荷量

マピオン提供データ

    人口統計(国勢調査)
  • 5歳刻みの年齢・男女別人口(町丁目単位)

参考価格

初期導入費用(※)
¥1,000,000〜

月額利用料
¥20,000〜

※分析する商品の数、データフォーマットにより
都度お見積もりさせていただきます
またカスタマイズのご要望も承ります

お問い合わせ

価格やご活用方法などのご相談は
お気軽にご連絡ください。